MENU

首のイボに本当に効くのはその市販薬?

いつの間にか出来てしまう首のイボ。
放っておくと増えてしまったり、大きくなってしまったりする厄介者。

 

もし、首のイボが出来てしまったら、まず最初に何をしますか?
やはり、市販薬に頼ってしまうのではないですか?

 

病院へ行くまでもないし、市販薬で治るのなら、それでいいや、という気持ちになるのは分かります。
そこで、首のイボに効果がある市販薬を調べてみました。

 

イボコロリという市販薬がありました。
何となく、名前は聞いたことある、と言う方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

イボコロリには内服薬と液体タイプがあります。
イボコロリ内服薬はヨクイニン配合で、確かに首のイボに効くらしいのですが、やはり、即効性はないようなんです。

 

長い目で見ていくのなら、イボコロリ内服薬もいいかもしれませんが、悠長にしてられないという方もいらっしゃるかと思います。
何せ、首のイボは見た目にも美しくないですし、一旦、気になり始めたら、気になって気になって仕方なくなるかと思うのです。

 

それでは、イボコロリ液体タイプはどうでしょうか?
患部に塗るわけですから、内服薬より効果が期待出来そうですが、結論から言いますと、イボコロリ液体タイプは首のイボには使えないんです。

 

注意事項を読んでみると、顔や首すじには使用しないこと。
多発しているイボには使用しないこと。
と書いてありました。

 

そもそもイボコロリ液体タイプは、足の裏や手の平などに出来るイボに使うもの。
皮膚が硬くなったイボに効果的なんですね。

 

首元は皮膚が薄いので成分が浸透し過ぎて、却って危ないことが分かりました。

 

その他に、考えられる市販薬を挙げてみました。

 

・イソジン
・オロナイン軟膏
・ステロイド軟膏

 

などが挙げられましたが、これらは首のイボには使えないことが分かりました。

 

こうやって見ていきますと、首のイボに効果的な市販薬って、ほとんどないですよね?
それでも、病院へ行くのは嫌だ、自宅で自分で治せるものはないか?という声にお応えできるものがあるのです。

 

それは、艶つや習慣というオールインワンジェル。
首のイボのそもそもの原因である肌の老化に対して、艶つや習慣はしっかり向き合った、お肌のケアを日常的に行うことで首のイボをやっつけるジェルとなっています。

 

艶つや習慣にはイボ対策には欠かせない、ハトムギエキスと杏子エキスのダブルエースが配合されていて、目元、首元、デコルテに塗っても大丈夫な、
新しいカタチのオールインワンジェルなので、首のイボにお悩みの方の救世主になってくれることでしょう。

 

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

関連ページ

首のイボ!種類別に検証!あなたはどのタイプ?
首のイボにはいくつかの種類があるようです。首のイボの種類別に原因、対処法を見てみましょう!
首のイボ対策におススメの4つの予防法とは!?
首のイボの予防法を知ることで作らせない意識を高める!首のイボの4つの予防法を伝授します!
ウィルス性イボの正体とは!?実はとても怖いイボ!
ウィルス性イボは人に移ってしまう?ウィルス性イボを治療するには病院でしかダメなのでしょうか?
妊娠中にイボができちゃった!?液体窒素治療で大丈夫!?
妊娠中のイボ治療に液体窒素は適格?妊娠中にイボを治すのは液体窒素意外にないの?