MENU

首のイボにはどんな種類がある?

首のイボは痛みや痒みがないので、イボが出来てしまっても気付かなかったり、そのまま放置してしまう人も多いかと思います。
ですが、首のイボは自然に治ることはありません。

 

逆に、大きくなったり、色が変わったりしてしまうので、放置はあまり良いことではありません。
首のイボが大きくなってしまうと、治療が大変になったり、キレイに治りにくくなってしまったりするからです。

 

だからと言って、自分で無理に取ろうという考えは捨てて下さい。
自分で勝手にいじると、皮膚を傷つけてしまって、そこから細菌が入って悪くなってしまう可能性があるからです。

 

まず、首のイボの治療を始める第一歩として、自分のイボの種類を知ることから始めてみましょう。

 

〇アクロコルドン

 

良性の腫瘍の種類です。
突起部分が大きく、皮膚の一部がぶら下がってしまうこともあります。

 

多くが中年以降の方に発生して、徐々に数が増えていきます。
それは、紫外線の影響や、洋服や髪の毛の先の摩擦、遺伝が原因となります。
皮膚の老化現象と言われています。

 

小さいものならハサミで切る治療法が利用できます。

 

〇スキンタッグ

 

アクロコルドンより突起の部分が大きくなった種類です。
アクロコルドンと見た目は多少異なるくらいで、病変は一緒です。

 

多いパターンですと首にできること。
ですからタートルネックやネックレスが引っかかりやすいです。

 

中高年で増えやすく、特に皮膚の弱い部分に発生します。

 

〇角質粒

 

30代を過ぎた頃から出来やすくなり、気になり易くなります。
原因はメラニン色素が生成分と言われていて、放置しておくと紫外線に反応してしまい、少しずつ大きくなったり、色が濃く変換したりする種類です。

 

治療法としてはピーリングがあります。

 

〇軟性線維腫

 

良性のイボが大きく変化した種類です。
体に出来やすく、1cm以上まで大きくなることもあります。

 

皮膚から飛び出るように盛り上がるので、見た目で気になる人もいると思います。
年齢と共に大きくなる傾向があります。

 

高齢者や肥満の人。
妊娠中の女性や糖尿病の人がなりやすいと言われています。

 

首のイボは脂肪や皮膚繊維が姿かたちを変えて現れるものです。
ですから、きちんとケアをしていれば、キレイなお肌に戻ることも可能なんです。

 

病院で治療しなければならない場合もありますが、自分でケア出来る方法もあります。
今ですと、市販のお薬や、クリーム、ジェルなども出ています。
それらを上手く使って、首のイボを改善、作らせない、再発しないためのケアは大事ですね。

関連ページ

首のイボに使える市販薬はある?
首のイボを治すための市販薬ってどんなものがあるの?首のイボに効く市販薬を分析しました!
首のイボ対策におススメの4つの予防法とは!?
首のイボの予防法を知ることで作らせない意識を高める!首のイボの4つの予防法を伝授します!
ウィルス性イボの正体とは!?実はとても怖いイボ!
ウィルス性イボは人に移ってしまう?ウィルス性イボを治療するには病院でしかダメなのでしょうか?
妊娠中にイボができちゃった!?液体窒素治療で大丈夫!?
妊娠中のイボ治療に液体窒素は適格?妊娠中にイボを治すのは液体窒素意外にないの?