MENU

ヨクイニンにはどんな副作用がある?

ヨクイニンとハトムギ、どちらかは聞いたことあるかと思います。
ヨクイニンとハトムギは違うものと勘違いされそうですが、呼び方が違うだけで同じ植物なんです。

 

外皮を細かくして他の生薬と混ぜて使うのがヨクイニン。
食品や麦茶など加工して使うのがハトムギ。
といった差があるだけなんですね。

 

ヨクイニンはイボに効くという話し、聞いたことがある方もいらっしゃるかも知れませんが、ヨクイニンの効能は、イボだけではなく、アトピーや美容効果、
滋養強壮にも期待されている成分なんです。

 

そもそもヨクイニンはイネ科のハトムギの皮を除いた種から作られた漢方薬のことです。
その歴史は古く、約2000年前から栽培されています。

 

当時から美容効果があると知られていましたし、出産後の体力回復のためにも使われてきました。
今でも美容効果を望んでハトムギを飲む人が多いのも頷けます。

 

ヨクイニンは身体の新陳代謝を上げる効果があります。
そうすると皮膚が浄化されて、シミ、ソバカスなどの原因となる老廃物を排除して、肌を綺麗に蘇らせる効果があるんですね。

 

イボにも効く、美容効果もある、といいことづくめなヨクイニンですが、副作用なんてないの?という疑問も出てきますよね。
端的に言いますと、ヨクイニンは天然成分からなる漢方薬ですから、基本的には副作用はないはずなのです。

 

ですが、100%安全とは言い切れないのが本音。
今までの報告では、じんましん、発疹、胃の不快感、下痢などの副作用が報告されています。
ただ、そんなに頻繁に出るものではありません。

 

ヨクイニンを主成分とするヨクイニン湯という漢方薬は、ちょっと注意しなけれなならない点があります。
ヨクイニン湯には血圧の上昇という副作用が見られるのです。
ですから、心臓病、高血圧症などの持病を持っている方は注意が必要です。

 

ヨクイニンは他にも化粧品に使われています。
そちらの方の副作用はないのか心配ですよね。
肌に直接塗るものですから、顔に何かあったら大変。

 

その点は大丈夫と言っておきます。
何故なら、化粧品に使われるヨクイニンは漢方薬として使われている量より断然少ないからです。

 

ですから安心してヨクイニン配合の化粧品をお使いいただけます。
その代わりと言っては何ですが・・・
ヨクイニンの含有量が少ない代わりに、その効き目としてはゆったりとしたものだということをお伝えしておきます。

 

ヨクイニンは飲んでも、塗っても副作用は少なく、安心して使えるものだと言えます。

関連ページ

ヨクイニンとイボの深く古い関係とは!?
ヨクイニンはイボ取りにいいと古くから言われてきたようです。具体的にヨクイニンとイボはどのような関係を築いてきたのでしょうか?
ヨクイニンを妊娠中に飲むのは駄目?
ヨクイニンは飲み過ぎると妊娠中には良くないらしいですが?ヨクイニンは妊娠中にどう作用してしまうの?
ヨクイニン配合の化粧品に隠された驚きのパワーとは!?
ヨクイニン配合の化粧品がいいとされる理由は?ヨクイニンが化粧品にもたらすその効果とは?